内沼晋太郎+バリューブックス|WIRED

ぼくらは「本屋のパタゴニア」になりたかったんだ──内沼晋太郎とバリューブックスが見た本の未来
https://wired.jp/special/2016/turn-the-page/

「本屋のパタゴニアをやるんです」。内沼晋太郎さんからそう電話をもらってから、約1年にわたってローンチ前のプロジェクトの経過を取材して書いたストーリー。

「本で社会をよくすること」を目指すバリューブックスのヴィジョンには、いち本好きとして素直に共感します。この記事が、ムーヴメントを起こすための力に少しでもなれたらうれしい。Ⓜ︎

TEXT BY YUTO MIYAMOTO
PHOTOGRAPH BY HIROYUKI OKUMA