bio

宮本 裕人|YUTO MIYAMOTO

1990年、神奈川生まれ。フリーランスのストーリーテラー。

高校生のときにiPS細胞のニュースを見て「21世紀はバイオの時代だ」と思い、東京理科大学 基礎工学部 生物工学科に入学。大学3年生時に「自分は科学者にはなれない」と気づき、数カ月の自分探しを経てメディアの仕事に興味をもつ。大学卒業後、米国のコロラド大学ボルダー校に1年間留学。帰国後、早稲田大学 大学院政治学研究科 ジャーナリズムコースを修了。

大学院在学中のウェブマガジン『greenz.jp』でのインターン経験から、アイデアとデザインの力に興味をもつ。2015年4月より『WIRED』日本版エディター。AI、建築、いい会社、メディア、スター・ウォーズ、ブロックチェーン、アフリカといった幅広い領域をフォロー。プリント+オンラインマガジンをつくるだけでなく、イベントやスクールの企画も行う。『WIRED』US版のロングリードの翻訳記事を担当するなかでストーリーの魅力を知り、自身のストーリーテリングプロジェクトを始めるために2017年11月に独立。

冒頭の「ストーリーテラー」とは、元グリーンズ編集長・兼松佳宏さんが言うところの「BEの肩書き」です。ストーリーテラーとしての編集・執筆・翻訳を行っていきたいと思います。

Born in 1990, Kanagawa Japan. Freelance storyteller.
When he was a high school student, he knew iPS cell and like “Wao, 21st century is the age of biology”. Then he studied biotechnology at Tokyo University of Science. But at his junior year, he realized he would not become a scientist. After thinking for a few months, he had an interest in media and writing. He studied abroad at University of Colorado Boulder in 2012, then studied at Waseda University’s M.A program in journalism in 2013-14. From April 2015 to October 2017, he worked at WIRED Japan. At WIRED, in addition to making print and online magazine, he also experienced planning event and school. Most importantly, he followed everything from AI, architecture, Good Company, media, Star Wars, blockchain to Africa. Through great long stories of WIRED, he was fascinated by the power of stories. In November 2017, he became a freelance storyteller to start his own storytelling project.